ラッパーの故2パックさんがホログラムで復活

ハリウッドニュース / 2012年4月17日 10時50分

2パックさんの復活を実現させたドクター・ドレー (c)Hollywood News

1996年に死去した人気ラッパーの2パックことトゥパック・アマル・シャクールさんが、アメリカ時間4月15日にカリフォルニア州の人気音楽祭「コーチェラ・フェスティバル」でホログラムによってステージに復活し、盟友スヌープ・ドッグやドクター・ドレーと競演するなど、圧巻のパフォーマンスを見せた。

亡くなったはずの2パックさんが観客の目の前に現れ、昔と変わらないラップを披露した。16年前にラスベガスで銃弾に倒れた彼が、ホログラムによって観客の前にとつぜん現れ、彼の人気曲である「Hail Mary」 と「2 of Amerikaz Most Wanted」を歌い上げたのだ。ホログラムの彼は、股間をつかんだり、マイクを観客に向けたりと、完全に生前の彼のステージングを再現していた。

このバーチャルな復活は、ラッパーであり音楽プロデューサーのドクター・ドレーの依頼によって、『タイタニック』(97)や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)でアカデミー視覚効果賞を受賞したことがあるVFXの制作会社「デジタル・ドメイン」が最先端の技術を使って実現させたものである。

観客のなかには、ホログラムだということに気がつかずに、本当に2パックさんが生きかえったと思い、腰を抜かした人もいたという。もしかすると近い将来に、このホログラムの技術のおかげで、亡くなった偉大なアーティストのコンサートを楽しむことができる時代が来るかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング