ペネロペ・クルス、「授乳は中毒」と語る

ハリウッドニュース / 2013年12月17日 16時30分

第2子出産後のペネロペ・クルス (c)Imagecollect.

女優のペネロペ・クルスが、授乳するのが好きだと語った。

ペネロペは2011年1月に夫で俳優のハビエル・バルデムとの間に第1子となる息子レオナルド君を出産。そして、今年7月に第2子となる娘のルナちゃんを出産している。

そんなペネロペはファッション誌「Allure」に、「私は13か月間、息子に母乳をあげていたの。同じことを娘にもするつもりよ」と語った。さらに、「授乳は中毒になるわね。やめなければいけない日が来るときは辛いわ」と明かしている。

ペネロペはかなり授乳をするのが好きなようである。きっと母と子との絆を感じる瞬間なのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング