セレーナ・ゴメス、J・ビーバーとの破局を認める、すでに新たな恋か

ハリウッドニュース / 2013年1月17日 9時50分

交際中だった頃のセレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

女優・歌手のセレーナ・ゴメスが、歌手のジャスティン・ビーバーとの破局を認めたという。

セレーナとジャスティンは昨年11月に破局が報じられ、その後すぐに復縁していた。しかし、今年に入って、先月末に旅行先のメキシコでけんかになり2度目の破局をしたと噂されていた。

セレーナは現地時間13日に行われたゴールデングローブ賞のアフターパーティーで、友人にジャスティンとの破局は真実かと聞かれると、「そうよ。終わったわ!」と返したとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えている。さらに、メキシコでの旅行については「最悪よ。私たちはけんかしたの」と明かした。

また、関係者は同パーティーで、セレーナが映画『恋するモンテカルロ』(11)で共演した23歳の俳優ルーク・ブレイシーとかなり親密になり、手もつないでいたと話している。

約2年間という恋を終わらせてしまったセレーナとジャスティン。2人にあこがれていたファンは多かっただろう。破局後すぐではあるが、ルークとは一体どんな関係なのだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング