ハル・ベリー、サラ・ペイリン氏と親戚だという衝撃的事実を明かす

ハリウッドニュース / 2012年10月17日 15時55分

サラ・ペイリンと遠い親戚だということが判明したハル・ベリー (c)Hollywood News

女優のハル・ベリーがテレビ番組で、2008年アメリカ合衆国大統領選挙での共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリン氏と遠い親戚であるということを明かした。

ハルは、映画『クラウド アトラス』(2013年3月15日日本公開)で共演したトム・ハンクスと共に、エンターテインメント情報番組「エキストラ」に出演した。2人はインタビューで、さまざまな異なる時代に生きる人々が最後につながっていくという内容の同映画について語っていたのだが、ハルが衝撃の事実を明かしたことでその話題はさらに盛り上がったのであった。

ハルが、「私がだれと血がつながっているか知っている? サラ・ペイリンよ!」と笑いながら言うと、番組の男性司会者は、「ノー!」と叫び、ハルは、「私も同じ反応だったわ。『ノー!』と叫んだのよ」と笑っていた。トムが彼女に、「どういうこと? DNAでつながっているということ?」と聞くと、彼女は、「とても変な話なんだけど、ある人が私と彼女が遠い親戚だという情報をくれたのよ」と答えた。それを聞いたトムは興奮した様子で、「これこそが『クラウド アトラス』で語られているつながりだよ! 人種、場所、時間を超えて、つながるってことなんだよ!」と、同映画のコンセプトにつなげて映画を宣伝することを忘れていなかった。

オバマ大統領のサポーターであると知られるハルは、自分が彼の反対陣営に属するペイリン氏とつながりがあると知った時、とてつもない衝撃を受けたに違いない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング