マイケル・ジャクソンさんの次男の実父を名乗る男が法的措置へ

ハリウッドニュース / 2012年4月19日 20時10分

マイケルさんの次男のブランケット・ジャクソン君 (c)Hollywood News

故マイケル・ジャクソンさんの次男ブランケット君ことプリンス・マイケル2世の実父だと名乗るマット・フィデスさんが、DNAサンプルを提出して彼の実の父親であると証明しようとしている。

マイケルさんがイギリスに滞在していた時にボディーガードを務めていたフィデスさんは、ブランケット君が誕生する1年前の2001年に、ロンドン市内のホテルでマイケルさんに精子を提供したと主張している。

フィデスさんは「私のDNAサンプルを提出し、ジャクソン家の面会権を正式に要求するつもりです」「マイケルが子供たちの父親であり、私はそれを変えるつもりはありませんが、私の人生に子供たちを取り戻したいんですよ。そうするには法的措置を取るしかありません。ブランケットは私の子供だと思いますが、ちゃんとした証拠がほしいのです」と語っている。

また、「(マイケルに)『ブランケットは私の子供ですか?』と質問したんです。そうしたら『あの子は僕の子さ。でも彼を作るのに君の精子を使ったよ』と答えたのです」と主張している。

マイケルさんの母キャサリンさんは今回の件で、フィデスさんが金銭目的で面会を求めているとして、それを阻止するためにできる限りの方法を尽くしているそうだ。今後、この件の展開はどうなるか分からないが、マイケルさんの死後、彼に関する訴訟問題は増えており、こういった問題が完全に起きなくなるまでにはまだ時間がかかりそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング