レイチェル・ゾー、Tiffany&Coであのデザインに挑戦!

ハリウッドニュース / 2012年2月19日 19時10分

レイチェル・ゾー、今度はファッションではなく窓のデザインに挑戦 (c)Hollywood News

人気スタイリスト、デザイナーとしても活躍中のレイチェル・ゾーが、あの一流ジュエリーブランドTiffany & Co[ティファニー]のデザインに携わることになりました。

ケイト・ハドソンやアン・ハサウェイ、ジェニファー・ガーナーなど一流女優たちをスタイリングしているレイチェルは、今度は洋服や靴やバッグ、ジュエリーではなく、ティファニーの5つのWindow(窓)のデザインをすることに!

このWindow(窓)は、ティファニーの歴代ジュエリーを敷き詰めたもので、1930年代から1970年代のそれぞれ10年間を表現したものだそうです。どのWindow(窓)にもティファニーのジュエリーがふんだんに使われ、1960年代には故エリザベス・テイラーのジュエリー“Fleur de Mer”のブローチも飾られるようです。

先日ニューヨークで行われたイベントでレイチェルは、「このコラボレーションは私の今までの人生、キャリアの中でも一番の驚きだわ。この仕事は人に服を着せることとは明らかに違うの。それぞれ違うジュエリーを使って小さな空間にメッセージとスタイルを表現するんですもの。何十年もスタイリングをしてきた中で、ジュエリーは常に私の中で重要なものだったの」と意気込みをコメントしていました。

このレイチェルがデザインしたWindow(窓)は、ニューヨーク、ビバリー・ヒルズ、香港、東京、シンガポールの店舗でお目にかかれるそうです。楽しみですね。【フェスミィ 松尾】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング