ユマ・サーマンがタランティーノ監督とキス、強まる熱愛の噂

ハリウッドニュース / 2014年6月19日 10時0分

今年5月に行われたカンヌ国際映画祭でラブラブだったクエンティン・タランティーノとユマ・サーマン (c)Imagecollect.

44歳の女優ユマ・サーマンが現地時間17日、51歳のクエンティン・タランティーノ監督とキスをしているところを目撃された。

ユマはタランティーノ監督が手掛けた映画『パルプ・フィクション』(94)や映画『キル・ビル』シリーズに出演。そんなユマとタランティーノ監督は先月フランスで行われたカンヌ国際映画祭に一緒に出席。レッドカーペットで手をつないだり、寄り添ったりとラブラブだった2人は同じ邸宅に滞在していたという。関係者はその時に「彼は彼女のことを何年も愛していました」「いつも(お互いに)魅力を感じていました」と明かしていた。

そしてそんなユマとタランティーノ監督が17日にビバリーヒルズにあるレストラン「Mr.Chow」で一緒にディナーをしていたとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えている。2人は食事をしたあとにキスをしている姿を写真に収められた。写真では唇と唇でキスしているかは確認できないが、タランティーノ監督は自分の手をユマの背中に回し、ユマは彼の首に手を回している。

ユマは今年4月にスイス人資産家のアーパド・ブッソン氏と婚約を破棄し、破局したばかり。タランティーノ監督と新たなロマンスをスタートさせたのだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング