マイリー・サイラス、難病の女の子が亡くなる1時間前に励ましのメッセージを送る

ハリウッドニュース / 2014年6月19日 18時0分

21歳の人気セレブであるマイリー・サイラス (c)Imagecollect.

歌手・女優のマイリー・サイラスが、彼女のファンだというケーリー・キャマリロちゃんが亡くなる前に励ましのメッセージを送っていたことが分かった。

ケーリーちゃんは遺伝性疾患の嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)という病気を抱え、現地時間13日に12歳という若さでこの世を去った。

マイリーはケーリーちゃんに数年前に会ったことがあり、彼女の母テレサさんにプライベートでメッセージビデオを送っていたのだ。ケーリーちゃんの母は自身のフェイスブックにマイリーからのビデオメッセージを投稿し、「マイリー・サイラスはケーリーが最初に興味を持って、最初に会った有名人です」「マイリー・サイラスはこれをケーリーに送ってくれました。彼女は亡くなる1時間前に見ることができました。ケーリーがビデオを見ている映像がありますが、それは私たちのために保存しておきます。彼女は笑顔を作ることができました」と綴っている。

ビデオの中で、マイリーは「こんにちわ、ケーリー。マイリーよ。ここ数日間、あなたのお母さんと話をしていたの。数年前に私たちが会ったのは知っていて、あなたに私が今も祈っていて、あなたのことを考えていて、愛を送っていることを伝えたかったの。私はただあなたが私の心の中にいることを伝えたかったの。それで、こんにちわって言うためにちょっとしたメッセージを送りたかったのよ」と話しかけ、キスを送った。

マイリーは現在ツアー中で、現地時間15日に「今日のショーはケーリーのためよ」とつぶやいていた。

マイリーの優しくて暖かいメッセージが亡くなる前にケーリーちゃんに届き、彼女は安らかな気持ちで天国へと旅立っただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング