『007』ベレニス・マーロウが来日、ボンド・ウォッチのOMEGAをPR

ハリウッドニュース / 2012年11月19日 19時20分

登壇したベレニス・マーロウとOMEGAのクリストフ・サビオ社長 ハリウッドニュース

『007 スカイフォール』(12月1日日本公開)に出演するベレニス・マーロウが、劇中で使用されている時計ブランド「OMEGA」のクリストフ・ザビオ社長とともに、東京・銀座にて開かれた来日イベントに出席した。

デパートの通路間に敷かれたレッドカーペットには、ベレニスをひと目見ようと多くの見物人であふれていた。ベレニスは、サビオ社長にエスコートされ、途中ファンにサインや握手に応じながら終始微笑みながら歩いた。

OMEGAが“ボンド・ウォッチ”として起用されるのは、今作で7作目。主演のダニエル・クレイグはもちろん、ボンド・ガールとして出演するベレニスも、OMEGAを着用している。

同ブランドのアンバサダーとしても活躍しているベレニスは、「OMEGAというのは象徴的なブランドです。私にとって、時間というのは貴重なものです。常に進化して、自分のやりたいことをしていきたいと思います」と、刻む“時間”にからめてあいさつした。

サビオ社長は、OMEGAとボンドの関係性について、「私どもはこのボンド映画に携わることを大変誇りに思っています。この映画が世に出てちょうど50年ですが、ジェームズ・ボンドというキャラクターは、フィクションの世界から抜けだして、まさに人々の本物のアイコンになっていると感じています。世界のアドベンチャーを好む人のアイコンでもあると思います。そういうなかで、OMEGAが今回7回目の、シーマスターを提供できて光栄です」と述べた。

また、ベレニスは、着用の時計について聞かれると、「今回私が身に着けているのは、レディマティックです。とても大好きなのです。OMEGAの良いところは、クラシックなエレガンスというものを時計の中に具現化しているだけではなく、宝石の美しさも併せ持っているというところです」と答えた。

小物(小道具)ひとつひとつが、そのキャラクターを作り上げる要素となる。ダニエルやベレニスが劇中でさりげなく見せる手元のエレガンスにも是非ご着目を。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング