『トップガン』トニー・スコット監督が自殺、ロサンゼルスの橋から飛び降り

ハリウッドニュース / 2012年8月20日 14時20分

トニー・スコット監督、橋から飛び降りて自殺 (c)Hollywood News

『トップガン』(86)の監督を務めたトニー・スコット監督が、現地時間19日にカリフォルニア州にあるヴィンセント・トーマス橋から飛び降りて自殺した。

ロサンゼルス郡の検死官は、68歳のスコット監督は午後0時半頃に同橋から飛び降りたとゴシップサイト「TMZ」に明らかにしており、警察は水中音波深知器を使ってスコット監督の遺体を探し、午後4時半頃に遺体は引き上げられた。

また、沿岸警備隊は橋に止まっていたスコット監督の車から遺書が見つかったと話しており、自殺だったことが明らかになった。

スコット監督はトム・クルーズ主演の大ヒット映画『トップガン』のほかに、最近では『アンストッパブル』(10)の監督も務めていた。

彼の遺書の内容や自殺の理由は明らかになっていないが、ハリウッドで活躍する監督の自殺は人々に大きな衝撃を与えるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング