ヒラリー・ダフ、息子のへその緒を取っておくことを夫に反対される

ハリウッドニュース / 2012年4月21日 13時20分

息子のへその緒を取っておきたいヒラリー・ダフ (c)Hollywood News

女優のヒラリー・ダフが、生まれたばかりの息子ルカ・クルス君のへその緒を取っておこうとして、夫で元プロ・アイスホッケー選手のマイク・コムリーに気持ち悪いと反対されたと明かしている。

先月20日に息子ルカ・クルス君を出産し、とても幸せそうなヒラリーはゴシップ誌「ピープル」に、「私はへその緒を取っておきたかったの。でも、夫は『ダメだ。そんなの気持ち悪いよ。取っておいてはだめだ!』って言ったの。だから私は『絶対に取っておくわ』って言ったわ。秘密で取ってあるの」と語った。

さらに「でも、もう秘密じゃなくなっちゃったわね。ジップロックに入れて、私のメイク道具の引き出しに入れてあるわ。ルカはきっと私がおかしなやつだって思うでしょうね!」と話している。

日本では昔から母と子供をつなぐ絆としてへその緒をお守りに取っておく風習があり、また、病気になった時に削って飲ませると回復するという言い伝えもある。そんな風習のないアメリカでは、へその緒を取っておくことは気持ちが悪いことだと感じるのかもしれない。しかし、ヒラリーは約10か月間母と子をつないでいた大事な物として取っておきたいと感じているのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング