アンジェリーナ・ジョリー、死んだ母親と話がしたい

ハリウッドニュース / 2012年2月21日 12時10分

母親である故マーシェリンさんと話がしたいアンジェリーナ・ジョリー (c)Hollywood News

女優のアンジェリーナ・ジョリーが、2007年に亡くなった実の母親のマーシェリン・バートランドさんに子育ての相談がしたいと話している。

現在アンジェリーナはパートナーで俳優のブラッド・ピットとの間に6人の子供を育てている。

そんなアンジェリーナは「ザ・タイムズ」紙に「子供たちがすることで母と話したいと思うときがあるわ。それで、彼女はもういないんだって気づいてしまうの」と話した。

さらに、「彼女はとても愛のある人だったの」とコメントしている。

母親として女優としても強く生きるアンジェリーナだが、「ブラッドは世界に出ている時の私はとても強いと言うわ。でも、夜ナイトガウンを着て寝ているときは、私もみんなと同じなの。そんなに強くないわ」と語った。

アンジェリーナ自身も普通の人と同じように弱いときもあるだろう。子育てや人生に迷ったときこそ、信頼のおける母親と話がしたいと感じるに違いない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング