アンジェリーナ・ジョリーの挙式を兄ジェームズが取り仕切ることに

ハリウッドニュース / 2012年3月21日 12時45分

秋前の挙式を予定しているアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット (c)Hollywood News

秋前に式を挙げる予定のアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの結婚式を、アンジェリーナの兄ジェームズ・ヘイヴンが取り仕切るようだ。

7年越しの交際を経て、ついに結婚が決まった2人はフランスの自宅で式を挙げる予定で、6人の子供それぞれに大きな役割を与える計画を立てているそうだ。

2人の関係者は、「ジェームズは牧師ですから、彼に式を取り仕切ってもらうことにしているんです」「式は自宅の敷地内にある教会で挙げる計画を立てています」「アンジェリーナはもともと、ジェームズとバージンロードを歩くつもりでしたが、今はアンジェリーナの父ジョン・ヴォイドと歩くことにしたんです」と式について語った。

さらに、「息子のマドックスとパックスがブラッドの介添人を務め、娘のザハラとシャイロが花嫁付添人を務めるという予定です。双子のヴィヴィアンはフラワーガールでノックスが指輪の運び係ですよ。ブラッドの弟ダグが2人の立会人になるでしょうね」と米「ナショナル・エンクワイアラー」紙にて語った。

2人の挙式には親しい友人しか出席しないらしく、アンジェリーナは『ディパーテッド』(06)の製作者としてアカデミー賞作品賞を受賞したグレアム・キングを招待する予定で、ブラッドはクエンティン・タランティーノ監督、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、さらにエドワード・ノートンを招待するとのことだ。

これだけの豪華な俳優陣やプロデューサー陣が出席する結婚式は、ハリウッド広しといえどもこの2人の結婚式以外では中々ありえないだろう。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング