ジュリア・ロバーツ、異父妹の死について初めて語る

ハリウッドニュース / 2014年4月22日 18時30分

人気女優のジュリア・ロバーツ (c)Imagecollect.

女優のジュリア・ロバーツが、今年2月に亡くなった異父妹のナンシー・モーツさんについて初めて語った。

ナンシーさんは今年2月9日に自宅の浴槽で死亡しているのを発見された。死因は薬の過剰摂取だと言われている。

姉のジュリアはナンシーさんが亡くなってすぐに「WSJ」誌のインタビューに答えていたようで、その内容が同誌の5月号に掲載された。ジュリアは「心が痛いわ」と涙ながらに語り、「まだたったの20日しか経っていないの。この20日間で私たちがどんなことを経験したかは言葉にならないわ」「誰にも悪いことが起きないでほしいと思うけれど、世界には恐ろしくて、苦しくて、不可解なことがたくさんあるの」とコメント。

さらに「どんな大変で絶望的な状況でも、家族で乗り越える方法を見つけなければならないわ」と明かしている。

ナンシーさんの死後、彼女の書いた遺書から、ジュリアを非難する文章が見つかったと報道され、ジュリアがナンシーさんを死に追い込んだのではないかと伝えられていた。

突然大切なナンシーさんを失ったジュリアや家族の悲しみは計り知れないものだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング