テレビドラマ「The Office」、シーズン9で終了

ハリウッドニュース / 2012年8月22日 11時55分

シーズン9にゲスト出演で戻ってくるかも? 俳優スティーヴ・カレル (c)Hollywood News

米NBC局の人気テレビドラマ「The Office」が、シーズン9をもって放送を終了することが明らかになった。

同ドラマのエグゼクティブ・プロデューサーであるグレッグ・ダニエルズ氏はゴシップサイト「ザ・ハリウッド・レポーター」に、「みんないつかは選択をしなければいけない時があります。それは、ストーリーを始めるとき、中間、そしてストーリーが終わりを迎えるときです。僕は、この物語のエンディングはとてもパワフルで非常に意味のあるものになると思います」とコメントした。

そしてダニエルズ氏は同ドラマのファイナルシーズンとなるシーズン9に、同ドラマのシーズン7で降板したマイケル・スコット役を演じた俳優のスティーヴ・カレルがゲスト出演する可能性を示唆した。シーズン9は、アメリカ時間9月20日から放送開始予定である。

2005年から放送されている長寿ドラマのさまざまな熱い思いが詰まった最後のシーズンを、今から期待したい。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング