「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラー、ゲイを告白

ハリウッドニュース / 2013年8月22日 9時30分

「プリズン・ブレイク」の俳優ウェントワース・ミラー (c)Hollywood News

人気テレビドラマ「プリズン・ブレイク」で主役を演じたウェントワース・ミラーが、同性愛者であると明かした。

現在41歳のウェントワースはロシアで行われる映画祭「St. Petersburg International Film Festival」の招待を受けたのだが、今年6月にロシアで同性愛宣伝禁止法が制定されたことで断ったことが明らかになった。

ゲイ&レズビアン同盟GLAADはホームページにウェントワースが映画祭への出席を断ったメッセージの内容を掲載した。ウェントワースは参加に対して喜んで返事したい気持ちはあったが、「ゲイの男として、断らなければいけません」と綴った。

さらに「僕はゲイの男性や女性に対する現在のロシア政府の対応に深く問題を感じています。この状況は当然受け入れることはできません」とコメントし、生きる権利や愛する権利が否定されている同性愛者の人々がいる国で開かれる映画祭に快く参加することはできないと明かした。また、最後に状況が変われば、参加することも考えられると述べている。

ウェントワースの行動はロシアだけでなく、世界の多くの同性愛者の人々に勇気を与えただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング