アデル、授賞式で中指を立ててブーイング

ハリウッドニュース / 2012年2月22日 19時45分

授賞式で中指を立てたアデル (c)Hollywood News

歌手のアデルが、現地時間21日に行われた「ブリット・アワード2012」の受賞スピーチで中指を立て、その後ブーイングが起きた。

11日に行われた第54回グラミー賞で6冠を獲得したアデルは、同アワードでも英国女性ソロアーティスト賞とマスターカード英国アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

アデルは英国女性ソロアーティスト賞の受賞スピーチで、「イギリス人であることを誇りを思うわ。こうやって旗をふったりしてね。ここであなたたちみんなと一緒にいられることを誇りに思うわ」と言うと、俳優・放送作家のジェームズ・コーデンが「本当にごめん。君の邪魔をするなんて信じられないけど」と次のロックバンド「ブラー」の紹介のためにアデルのスピーチを遮った。

それに対しアデルは、「あなたは私の邪魔をするのね。じゃあ、これだけ言わせて。みんなグッバイ! また会いましょう」と言って中指を立てると、会場からはブーイングが起こった。

その後アデルは「ファンに向けてやったわけではない」、「気分を悪くさせてしまった人に申し訳ない」と謝罪している。

ブーイングがアデルの中指を立てたことに対してか、スピーチが中断されてしまったことに対してかは分からないが、彼女のように世界的に有名な歌手が中指を立てるという行為は、影響力がありすぎるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング