ダニエル・ラドクリフが劇中で同性愛行為をする映画が話題に

ハリウッドニュース / 2013年1月22日 11時40分

インディペンデント映画で新境地に挑戦したダニエル・ラドクリフ (c)Hollywood News

『ハリー・ポッター』シリーズで知られる23歳の俳優ダニエル・ラドクリフの出演映画『Killing Your Darlings』(原題・日本公開未定)がアメリカ時間1月18日にサンダンス映画祭でプレミア上映され、劇中でダニエルが見せる同性愛行為が話題になっている。

ダニエルは同映画でアメリカ人の詩人であるアレン・ギンズバーグを演じている。ダニエル扮するアレンが作家であるジャック・ケルアックやウィリアム・S・バロウズと知り合い、そしてある殺人事件に巻き込まれてくというストーリーの同映画で、ダニエルは図書館で女性から性的行為を受けたり、男性と熱烈なキスをしたり、裸で男性と同性愛行為をするなど、とても過激なシーンに挑戦しているのだ。

「ハフィントン・ポスト」紙によると、ダニエルは上映後の観客に、「こういう役をしたいと思ったのはダニエル自身が奇妙な行為が好きだからか?」と聞かれたようだ。彼はその質問に対して、自分のしたいことがメインストリームの映画では表現できない時があると答え、「映画にかかわっている全ての人間の愛がないと、このような映画は絶対に作られない」と発言したという。

もしかするとダニエルは、『ハリー・ポッター』シリーズで彼が演じたハリー役のイメージから脱却を計ろうとしているのかもしれない。ダニエルのファンたちは、サンダンス映画祭で高い評価を受けたという同映画をドキドキしながら観ることになりそうだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング