ドラマ「NIKITA ニキータ」のマギー・Qがヒーローアニメの声優に

ハリウッドニュース / 2012年3月22日 16時15分

ワンダーウーマンを演じるマギー・Q (c)Hollywood News

ドラマシリーズ「NIKITA ニキータ」の女優マギー・Qが、3月24日からカートゥーンネットワーク(米・アニメ専門チャンネル)で放送されるヒーローアニメ「ヤング・ジャスティス」にて、ワンダーウーマンの声優を担当することになった。

同作でマギーが演じるワンダーウーマンとは、「バットマン」や「スーパーマン」を生み出したアメリカのDCコミック社が、1941年にアメリカンコミックの“ヒーロー”ではなく“ヒロイン”として作り上げたキャラクターだ。

マギーは、「私は子供の頃、よくワンダーウーマンのコスプレをしていたわ。衣装を買うことができなかったから、ヘッドバンドとかリストバンドを紙で作っていたの。それから走り回ったり、屋根の上からジャンプしようとしたりしていたわ」とワンダーウーマンへの思いを語った。

アニメ「ヤング・ジャスティス」には、ドラマ「CSI:科学捜査班」のニック・ストークス役のジョージ・イーズや、『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』(11)のアラン・テュディックなども声優として出演する。

過去にテレビゲームで声優にチャレンジしていたマギーだが、今回のアニメで彼女の透き通った美しい声に魅了される人たちが、さらに増えることだろう。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング