エマ・ロバーツ、悲しみから抜け出す方法とは?

ハリウッドニュース / 2012年3月22日 19時50分

嫌なことがあると友人に聞いてもらうエマ・ロバーツ (c)Hollywood News

女優のエマ・ロバーツが、悲しみから抜け出す方法を話している。

現在21歳のエマは、ゴシップ誌「Usウィークリー」に「もし、とても嫌な日があったら、いつも女友達や男友達に電話するわ。彼らは私がすごく感情的になっているのを1分聞いてくれるの。それで『オッケー、すべて大丈夫よ。あなたを苦しめてることを直す方法を考えましょ』って言うのよ」と語った。

さらに「私は悲しいことを乗り越えてきたわ。もし、人に話さないと、ずっとのたうち回ることになるわ。それってもっと大きな問題になると思うの」と話し、「悲しみから抜け出させてくれる人がいることが大切だと思うわ。それが、家族だろうが友達だろうが」と続けている。

確かに嫌なことや悲しいことがあった時に、人に相談せずに1人で抱え込んでしまう人もいるだろう。そんな時に相談できる人が1人でもいることは大切なことなのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング