クロエ・カーダシアンが「Xファクター」の司会を降板、マリオ・ロペスは続投

ハリウッドニュース / 2013年4月23日 12時10分

クロエ・カーダシアン、「Xファクター」の司会を降板 (c)Hollywood News

リアリティースターのクロエ・カーダシアンが、米オーディション番組「Xファクター」の司会を降板することが分かった。

昨年放送された同番組のシーズン2の新司会者として人気司会者のマリオ・ロペスと登場したクロエであったが、シーズン3は戻らないことが発表された。同番組のプロデューサーたちは声明文で、「クロエ・カーダシアンは、『Xファクター』の司会者として戻ってきません。我々は彼女と仕事をすることをたのしむことができました。彼女の未来の成功を祈っています」とコメントしている。クロエの降板の理由などは明らかになっていない。

また、マリオはシーズン3にも司会者として戻ってくることが決定し、そのことについて、同番組のプロデューサーで有名審査員のサイモン・コーウェルは、「僕はマリオが『Xファクター』のシーズン3に戻ってきてくれることに大興奮しています」と喜びを明かしている。さらに、マリオ本人も「『Xファクター』のチームに戻ることができることをたのしみにしています」と語っている。

シーズン2からはサイモンと音楽プロデューサーのL.A.リードに加わり、歌手のブリトニー・スピアーズとデミ・ロヴァートが新審査員として参加していた。しかし、L.A.リードとブリトニーは降板を発表しており、デミはシーズン3に戻ってくることが決定している。今後同番組がクロエの後任の司会者を決めるかなどは分からないが、彼女が番組から去ってしまうことは残念である。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング