M・ジャクソンさんの82歳の母キャサリンさんが行方不明だと大騒ぎに

ハリウッドニュース / 2012年7月23日 14時5分

行方不明となっているキャサリン・ジャクソンさん (c)Hollywood News

歌手のマイケル・ジャクソンさんの母キャサリンさんが、行方不明となったとして失踪届が提出されていた。

現在82歳のキャサリンさんと1週間連絡がとれないとして、彼女の甥のトレント・ジャクソンさんが現地時間21日に失踪届を提出したと「CNN」は伝えた。キャサリンさんの弁護士は、キャサリンさんが15日に行われたジャクソン兄弟のコンサートを娘のリビーと見に行ってから連絡がとれないと主張し、「キャサリンさんが安全かどうか心配です」と訴えていた。

現地時間20日にキャサリンさんの息子でマイケルさんの兄のジャーメインは、自身のツイッターでキャサリンさんは医師の指示で現在アリゾナ州におり、大丈夫だと行方不明の噂を否定していたが、マイケルさんの娘でキャサリンさんの孫のパリスは現地時間22日に自身のツイッターで、「そうよ。私の祖母は行方不明よ。彼女と1週間話していないわ。彼女が家に帰ってきてほしい」「もし、私の祖母を見たら、当局かこの電話番号に連絡して」と電話番号も載せて呼びかけた。また、ジャーメインさんの話すその医師は、マイケルさんが薬物中毒者だったと裁判でうそをついたマーレー医師に味方していた人だとパリスはツイッターで主張をしていた。

しかし、現地時間22日にジャーメインは騒ぎを終わらせるために発表した公式声明文で、キャサリンさんは医師の指示のもと、アリゾナ州でリビーと一緒にいると明らかにし、キャサリンさんは行方不明ではなく、孫たちの勘違いだと認めた。

キャサリンさんと連絡が取れないと心配した家族によって起きた騒ぎではあるが、高齢のキャサリンさんを心配する声は多く寄せられていた。彼女が無事で何よりであるが、大きな騒ぎとなる前に家族間で連絡をとる必要があったのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング