セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーが寄り添う、お互いに忘れられなかった?

ハリウッドニュース / 2014年6月23日 12時0分

破局する前のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス (c)Imagecollect.

女優・歌手のセレーナ・ゴメスが、復縁を噂される歌手のジャスティン・ビーバーのことが忘れられなかったという。

セレーナとジャスティンは2012年に約2年間の交際の末に破局。その後も復縁が噂され、今年1月にジャスティンが写真共有サイト「インスタグラム」にセレーナを後ろから抱きしめている写真をアップして、「君の僕の見つめ方が大好きだよ」と載せた。また、3月にもセレーナのアカデミー賞のアフターパーティーのドレス姿をアップし、「世界で最もエレガントなプリンセス」と絶賛。今月11日にもセレーナがジャスティンの頭を抱きしめる写真をアップして、「僕たちの愛は無条件だ」とコメントしたが、すぐに削除している。

そんな2人は最近一緒にいる姿をよく目撃されており、三輪のバイクCan-Am Spyderを乗ったり、16日にはロサンゼルスでビデオディレクターの友人アルフレド・フローレスの誕生日を祝ったりしていたことで復縁を噂された。現地時間18日には2人は一緒に聖書の勉強会に参加していたことが伝えられている。そこで2人はかなりラブラブだったそうだ。また、ジャスティンの友人はshots.comにソファで彼とセレーナが寄り添って寝ている写真を投稿。現在その写真は削除されている。

関係者はゴシップサイト「E!ニュース」に、「彼女は今でも彼を愛しています」「彼女にとって彼を忘れることは難しいのです。なぜなら、たくさんの歴史(思い出)があるからです」「その気持ちを無くすことはできません」「たくさんのことがあるのです」と明らかにしている。

未練があるのはジャスティンだけかと思われたが、セレーナ自身もジャスティンのことを忘れることができなかったようだ。2人の関係はいつまで続くだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング