ジェニファー・ローレンス、マイリー・サイラスの前で吐いた今年のアカデミー賞のパーティーについて語る

ハリウッドニュース / 2014年5月23日 12時0分

今年3月に行われたアカデミー賞授賞式に出席したジェニファー・ローレンス (c)Imagecollect.

23歳の女優のジェニファー・ローレンスが、今年3月に行われた第86回アカデミー賞授賞式でのクレイジーな夜を語った。

ジェニファーは今年行われたアカデミー賞授賞式で3回目のノミネートを果たしており、彼女はトーク番組「Late Night With Seth Meyers」に昨年ノミネートされた時に親友のローラさんにもう1度ノミネートされたら次は連れて行くことを約束していたため、連れて行ったと明かした。

ジェニファーは「私は彼女を連れて行ったんだけど、彼女は最悪な影響を私に与えたの。彼女は『バーで会いましょう』って言って、私はこっそり出て行って、『オーマイゴッド! こんなことできない!』ってなっていたわ。でも、彼女は『あなたは何でもできるわ!』って感じだったの」「私たちはブラッド・ピットと遭遇して、彼女は『ブラッド・ピットをこっちに連れて来て!』って言って、私は『そんなことできない!』ってなっていたら、彼女は『できるわ!』って言ったの」「私は『ヘイ! ブラッド・ピット!』って言いに行ったら、なんと彼は来てくれたの。彼からビャクダンの香りがしたの。信じられなかったわ!」と話した。

いつも授賞式のあとはでかけないというジェニファーであるが、今回はマドンナと彼女のマネージャーのガイ・オセアリーのアカデミー賞のアフターパーティーに出席したとのこと。ジェニファーは「もし、あなたが招待されたなら、それはすごく重要人物だってことなの」「それなのに私は彼(ガイ)のベランダで吐いたわ。私は(お酒のせいで)具合が悪かったの。うしろを見たら、マイリー・サイラスが、『しっかりしなさい!』って顔でみていたわ」と語っている。

今回のアカデミー賞授賞式はジェニファーにとって最もクレイジーなオスカーナイトとなったようで、忘れられない思い出となったことは間違いないだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング