『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ゾーイ・サルダナのエレガントな戦闘テクに注目

ハリウッドニュース / 2014年9月23日 9時30分

本作で美しき暗殺者のガモーラを演じるゾーイ・サルダナ (C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

9月13日にいよいよ日本でも週末に公開をむかえたマーベル最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。主人公ピーター・クイル役のクリス・プラットが、ファイトシーンの相手役のゾーイ・サルダナについて語った。

本作の美しき暗殺者のガモーラを演じるのはゾーイ・サルダナ。劇中では見事なアクションを披露している。ファイトシーンの相手となる主人公のピーター・クイル役のクリス・プラットは「ゾーイにはすごいのを何度も食らった。彼女なら誰でもノックアウトできる、保証するよ!すごく強力なキックな上に、全く躊躇いがない。ザンダー星のショッピングエリアで展開されるピーターとガモーラのファイトシーンのために、僕らは約1か月以上トレーニングをこなしているんだ。ゾーイは本当に強いよ。彼女のキックが実際に入ったことも何度もある。いつもリハーサル後はコブやアザを作って帰ったよ。あれはかなり激しかったね」と当時の辛さを振り返っている。

そして、本作の会見では「あれは痛かった…」と実は根に持っている様子のクリスに対して、「本当にごめんなさいね」と謝るゾーイから相当痛かったことがわかる。また、ゾーイは「ガモーラの戦闘テクニックにはありきたりのアクションじゃなくて、全く違うものにしたいと思っていたの。例えば、『アンダーワールド』のセリーンみたいなジャンプや着地の仕方とかね。彼女にはもっと優雅であって欲しくて、エレガントな戦い方にしたいと思ったのよ」と語り、アクションのインスピレーションが意外なところにあることを明かしました。「私がキャラクターのリサーチをしていた時に、スペインから来た闘牛士が牛を険とケープで導きながら踊るように戦う映像を見たの。何とも魅惑的なダンスで、これこそがガモーラだと思ったわ。ガモーラは女性であり、敵を欺き死に陥れるため、とても魅力的じゃなきゃいけない。そのことをジェーム(監督)に伝えたら、彼も共感してくれたのよ」。

闇の存在であるサノスに殺人兵器として育てられた、美しき暗殺者ガモーラ。罪を償うために戦う姿は“強い”の一言では言い表せない美しさを醸し出しています。女優ゾーイ・サルダナのアイディアも生かされている、華麗なガモーラのアクションシーンにも注目だ。

■『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
全国大ヒット公開中!!!
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング