ジェニファー・ロペス、米ABCファミリー局のドラマをプロデュース

ハリウッドニュース / 2012年8月24日 16時50分

テレビドラマのパイロット番組を製作する女優ジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

女優で歌手のジェニファー・ロペスが、自身の所有する製作会社「ニューヨリカン」によるテレビドラマのパイロット番組を製作することが明らかになった。

アメリカ時間8月23日、米ABCファミリー局は、ジェニファーが同局のテレビドラマのパイロット番組を製作する予定であり、内容は同性愛者のカップルとその周りの家族についてを描くということを公表した。ジェニファーは今回、エグゼクティブ・プロデューサーとして同プロジェクトにかかわるという。キャスティングについては、今のところ明らかになっていない。

ジェニファーの製作会社は、今までにいくつかの映画やテレビ・シリーズを手がけている。彼女自身のコンサートを収録した3D映画『ダンス・アゲイン』(原題・日本公開未定)もこの会社を通して製作が現在行われている。

米人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を降板したジェニファーの新たな挑戦に注目が集まることは間違いない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング