デヴィッド・ベッカム、子供の成長は怖い

ハリウッドニュース / 2012年1月24日 12時40分

子供の成長はうれしいようで怖いデヴィッド・ベッカム (c)Hollywood News

プロ・サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが、子供の成長は怖いと話している。

デヴィッドは、妻でファッションデザイナーのヴィクトリアとの間に息子で12歳のブルックリン君、9歳のロミオ君、6歳のクルス君、そして娘で6か月のハーパーちゃんを育てている。

デヴィッドはエンターテインメント情報誌「テレグラフ」に、「(彼らが成長していくのを見るのは)素晴らしいよ。でも、怖いんだ。なぜならブルックリンが、違うことに興味を持ちだして、友達と出かけたがるし、女の子について話したがるし、若い男性へと成長しているんだ」と話した。

そんなデヴィッドはさらに、「僕は3人の娘より3人の息子で良かったと思っているよ」と語り、「ハーパーが10代の女の子になる頃には3人のお兄ちゃんたちは“男性”となっているよ」と語った。ハーパーちゃんは先に大人になる兄たちからたくさんのことを学べそうだ。

まさにこれから思春期で、多くのことに興味を持ち出す年となったベッカム家の長男ブルックリン君。兄として弟や妹のお手本となっていくのだろう。子供の成長はたのしい分、これから多くのことを経験する彼らにデヴィッドの心配も消えなさそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング