マーティン・スコセッシ監督、5年ぶりの来日が決定!

ハリウッドニュース / 2012年1月24日 16時15分

5年ぶりの来日が決まったマーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督が、初めて3Dに挑戦した新作映画『ヒューゴの不思議な発明』(3月1日日本公開)を引っ提げ、5年ぶりの来日を果たすことが決まった。

『タクシードライバー』(76)や『ディパーテッド』(06)などで知られ、世界から愛されるスコセッシ監督は、本作ですでに第69回ゴールデングローブ賞の最優秀監督賞を受賞している。

『アバター』(09)のジェームズ・キャメロン監督をして「マスターピース!(最高傑作)」と言わしめるほどの完成度を誇る本作は、激しい表現のあるスコセッシ作品において、家族で楽しめる、夢のあるものとなっている。

ブライアン・セルズニックの世界的ベストセラーをもとに描かれる、映画愛に満ちた素敵な世界。円熟の巨匠が、本作についてどんなことを語るのか。来日を心待ちにしたい。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング