ジェニファー・ロペス、男女の双子を持って“男と女”の違いを学ぶ

ハリウッドニュース / 2013年1月24日 18時5分

双子の母であるジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

歌手のジェニファー・ロペスが、子供を育てる上で学んだことを語った。

ジェニファーは現在、元夫で歌手のマーク・アンソニーとの間に息子マックス君と娘のエミーちゃんの双子を育てており、ジェニファーはゴシップ誌「ハロー!」に「私は男と女の違いを双子の男の子と女の子を授かったことでとても学んだわ」「私は、女性は物事をオーバーに考えすぎると思うの。それに対して男性は前に進むことを考えて、結果のことはあとで考えるのよ」と明らかにしている。

続けて、「私はそのことを双子が階段の登り方を覚える時に思ったわ。息子は全力で登ろうとして、落ちて、起き上がって、また登ろうとするの。12回失敗して、ようやく学ぶのよ。娘はつま先を1歩踏み出して、最初のステップを登るの。それで、足を戻して、また降りるの。1度も落ちなかったけれど、どうやって登るか学ぶのに2週間はかかったわ」と語っている。

同じ年で、同じ環境で育った双子の子供であっても、男女ではまったく違う行動をするのだと、ジェニファーは感心したようだ。もちろん、それぞれが持つ性格の違いもあるかもしれないが、男と女の違いを改めて我が子から感じているのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング