ジェームズ・マースデン、超豪華スター共演作でジョン・F・ケネディ大統領役に

ハリウッドニュース / 2012年7月24日 15時5分

ジョン・F・ケネディ大統領を演じるジェームズ・マースデン (c)Hollywood News

俳優のジェームズ・マースデンが、豪華スター共演作『ザ・バトラー』(原題、2013年全米公開)でジョン・F・ケネディ大統領役を演じることが決定した。

同映画はホワイトハウスで30年以上に渡り8人の米大統領の執事を務めたユージン・アレン氏を描いており、ジェームズは今作で、1963年に暗殺されたケネディ大統領役を務める。同作でアラン氏はセシル・ゲインズ氏という役名に変更され、主役のゲインズ氏をフォレスト・ウィティカーが、その妻を名司会者のオプラ・ウィンフリーが演じることが決まっている。

さらに、第34代大統領ドワイト・D・アイゼンハワー役をロビン・ウィリアムズが、第37代大統領リチャード・ニクソンをジョン・キューザックが、第40代大統領ロナルド・レーガン役をアラン・リックマンが演じる。そのほかにニコール・キッドマン、ミンカ・ケリー、ザック・エフロン、アレックス・ペティファーら超豪華キャストが勢ぞろいする。また、監督は『プレシャス』(09)のリー・ダニエルズが務め、今月中にルイジアナ州ニューオーリンズで撮影を開始する予定だ。

アメリカの大統領の中でも最も有名な大統領の1人であるケネディ大統領を演じるジェームズが、この超豪華キャストの中でどう存在感を見せてくれるかたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング