モデルのリサ・ダマトが顔に大けが、逆立ちが原因

ハリウッドニュース / 2013年1月25日 12時40分

エンターテインメント業界で活躍するリサ・ダマト (c)Hollywood News

人気モデルオーディション番組「アメリカズ・ネクスト・トップモデル」の優勝者で女優としても活躍するリサ・ダマトが、先週顔に大けがを負っていたことが分かった。

リサはコロラド州で行われていたインディー映画『Cowboys and Indians』(原題、公開日未定)の撮影後にホテルで撮影スタッフに向って逆立ちになっていたところ、突然勢いよく倒れてしまった。リサは顔面を強打し、その上にそのスタッフが倒れたてきたために、リサはさらにひどいけがを負うことになってしまったという。

リサはすぐに病院に搬送され、整形外科医の治療を受けた。彼女は治療後の痛々しい顔の写真を写真共有サイト「インスタグラム」に載せている。顔は腫れ、目と目の間に大きな傷と、鼻に長い縫い目があり、口や顎にもかなりひどいけがを負っている。リサはゴシップ誌「ピープル」に、「とてもおかしなアクシデントだったの。バルコニーで後方宙返りとかやっていたわけではないのよ」と話した。

しかし、「でも、私は世界で一番素晴らしい鼻を持っていたわけじゃないし」とジョークを言い、「今は少し小さくなった鼻ができたわ。とても可愛い鼻なの」とポジティブである。彼女はアクシデントから数日しか経っていないのにもかかわらず、かなり回復し、傷もきれいになっている。回復したら昨年9月に結婚した企業家のアダム・フライドマン氏とハネムーンに行くそうだ。

誰でも顔に大けがをすることは苦しい出来事で、モデル・女優として活躍する彼女にとっても顔にけがを負うことはとても辛い出来事だったに違いない。それでも、ジョークを言ってポジティブでいられることは、彼女がとても強い女性だからだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング