シルヴェスター・スタローン、異父妹に脅迫されていた?

ハリウッドニュース / 2013年1月25日 11時45分

異父妹に大金を支払っていたシルヴェスター・スタローン (c)Hollywood News

66歳の俳優シルヴェスター・スタローンが1987年に、彼に虐待されていたと主張した異父妹に大金を支払っていたことが明らかになった。

「ニューヨーク・ポスト」紙によると、シルヴェスターは1987年に、異父妹である故トニ・アン・フィリティさんに200万ドル(約1億8000万円)を支払い、彼女が死ぬまで1か月に1万6666ドル(約150万円)を支払うことと、治療費のために必要ならば1年間で5万ドル(約450万円)を支払うことを約束する契約を結んだようだ。どうやらシルヴェスターは、彼による虐待で身体的なけがを負ったと主張するトニ・アンさんに、脅されていた可能性があるのだという。

2人の母であるジャクリーンさんは同紙に、「トニ・アンはシルヴェスターから、金を巻き上げようとしただけです」と語り、ドラッグ中毒者であるトニ・アンさんが人気絶頂だったシルヴェスターを脅迫し、彼女を黙らせるために彼の弁護士が支払いの契約を結んだということを明らかにした。シルヴェスターの代理人も同紙に、「時に有名人は、金儲けのために嘘の主張をする家族の一員によって脅迫されることがある」とコメントを残している。

一方で、シルヴェスターによってトニ・アンさんが本当に虐待されていたと信じる人間もいる。トニ・アンさんは昨年の8月に48歳という若さで肺がんによって亡くなっているのだが、彼の19歳の息子であるエドさんは彼女が死に際に何度もシルヴェスターによる虐待について語っていたと同紙に明かしたのである。

虐待が本当に起きていたのかどうかはわからないが、シルヴェスターは25年以上も前に大変苦しい思いをしたようだ。だれにも知られていなかったシルヴェスター家の苦悩が、今になって明らかになってきている。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング