ジョニー・デップの新作映画のサントラをジャック・ホワイトが手掛けることに

ハリウッドニュース / 2012年4月26日 15時25分

『ローン・レンジャー』にて主演を務めるジョニー・デップとサントラを手掛けるジャック・ホワイト (c)Hollywood News

ジョニー・デップの新作『ローン・レンジャー』(原題)のサウンドトラックを、ロック歌手のジャック・ホワイトが手掛けることが決まった。

今作は1933年に放送されたラジオドラマが原作となっており、後に小説化、映画化、コミック化、テレビドラマ化などされている作品で、主人公である白人のローン・レンジャーとネイティブアメリカンのトントの冒険を描いた内容になっている。

同作の製作を務めているジェリー・ブラッカイマーは、「ジャックはユニークなスタイルを持った素晴らしいシンガーです。監督のゴア・ヴァービンスキーも彼の起用に乗り気でしたし、ジョニーも感激していましたよ。ジャックの参加を我々全員が楽しみにしています」と情報サイト「バラエティ」にて語った。

ジャックは過去にレニー・ゼルウィガー主演の『コールド・マウンテン』(03)にミュージシャン役として出演した際、劇中で歌を披露しており、『007 慰めの報酬』(08)では主題歌をアリシア・キーズと共に歌い上げている。

この『ローン・レンジャー』はジョニーのファンのみならず、ジャックのファンにとっても注目の作品になることは間違いないだろう。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング