サム・ワーシントン、暴行事件で密かに結婚していたことが明らかに

ハリウッドニュース / 2014年2月26日 10時30分

密かに結婚していたララ・ビングルとサム・ワーシントン instagramより

映画『アバター』(09)の俳優のサム・ワーシントンが、現地時間23日にカメラマンの男性を殴ったことで逮捕され、モデルのララ・ビングルと結婚していたことが明らかになった。

サムはこの日ニューヨークで、パパラッチのリー・シャンがララのことを蹴ったという理由から、リーの顔面を数発殴り、逮捕された。同じくリーも逮捕されている。そして、リーが持っていたカメラで撮影したとみられる動画が現地時間25日に「You Tube」にて公開された。

その動画でララは「ついてこないで!」と言い、カメラマンに近づいて揉み合いになっているようであった。カメラマンは「触るな、触るな」と言い、今度はサムが出てきたようで、彼を殴った音が録音されている。サムは怒りながら、「お前は俺の妻を蹴りたいのか?」と何度も叫んでいた。また、別のカメラマンは3人が見える角度から撮影しており、サムがリーを殴ったあとに、ララがリーに近づいてカメラを取り上げようとしているところを映していた。その様子は「デイリー・メール」紙のウェブサイトで公開されている。

サムは警察官に「彼が僕の女の子を蹴ったんだ。それで、彼女は僕に電話して、『この男が私に暴行した』って言ったんだよ。それで、僕が出ていき、彼をつかんで、おいはらったんだ」と話し、リーはララが先に暴行を加えたと主張している。

そして、このビデオで、最近左手の薬指に指輪をしているところを目撃されていたサムとララが、本当に密かに結婚していたことが証明されたと話題になっている。2人は昨年10月に交際が明らかになっていた。

このようなかたちで結婚を報告することになってしまったサムとララは残念に思っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング