キム・カーダシアン、“妊娠は嫌だけど、子供はもっとほしい”と語る

ハリウッドニュース / 2014年2月26日 15時0分

ノースちゃんを抱っこしているキム・カーダシアン (c)Imagecollect.

リアリティースターのキム・カーダシアンが、子作りについて語った。

キムは昨年6月に婚約者のカニエ・ウェストとの間に娘のノースちゃんを出産。出産から8か月が経ったキムは現地時間25日にラジオ番組「KIIS-FM」で、「妊娠してみて、もう2度としたくないって間違いなく言えるわね」と語った。

キムは「すごく大変な妊娠だったの。でも、私は娘をとても愛していて、兄弟姉妹がいる中で育つのがどんな感じか分かるわ。だから、もっとほしいって思うの」と話している。キムはキム自身も含めて6人の子供を産んだ母クリス・ジェナーについて、「でも、お母さんのようなことはしないわ。彼女はクレイジーよ。子供を産んだ時に、お母さんのことを見て、『あなたにメダルを買うわ。あなたはメダルを受け取るに値するわ。だって、6回もなんて、クレイジーよ』って言ったの」と明かしている。

また、愛娘ノースちゃんについて、「彼女は最もスウィートで、落ち着いていて、彼女がやることと言ったら、笑うことよ」と話した。

妊娠中に辛い思いをしていたというキムであるが、3人は子供がほしいと明かしている。キムとカニエからまた素敵な報告が届くことを期待したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング