ジャスティン・ビーバーの女友達、彼が薬物中毒という噂を否定

ハリウッドニュース / 2014年2月26日 16時0分

歌手のジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

歌手のジャスティン・ビーバーの友人であるモデルのシャンテル・ジェフリーズが、彼の噂について語った。

シャンテルはジャスティンが先月飲酒運転の疑いでフロリダ州のマイアミで逮捕された時に一緒にいた女性。ジャスティンは制限速度を超えるスピードで車を運転し、もう1台の車とレースをしていたとして警察に止められていた。彼の尿検査の結果から大麻の陽性反応が出ている。また、ジャスティンは先月に隣人宅に生卵を投げつけた疑いがあるとして、警察が家宅捜査に入っていた。その時に友人でラッパーのリル・ザが薬物所持の疑いで逮捕されていた。これらの事件からジャスティンが薬物中毒ではないかと一部の人の間で噂になっていた。

シャンテルはジャスティンが薬物中毒で、コントロールできず、自分自身を見失っているという噂について、「ジャスティンについての誤解」と「E!ニュース」のインタビューでコメント。これまで、彼がドラッグをやっているところを見たことがないと話した。彼女は「私は彼といつも一緒にいるわけではないわ。過去に彼に何があったかは分からない。でも、私が何か言うことではないわ」と語っている。

また、よくジャスティンと一緒にいるところを目撃されていることから、彼の新恋人だと噂されていることについて、「ジャスティンとは付き合っていないわ」と明かした。また、キスしたり、同じベッドで寝たりしたことがあるかという質問には、「私たちは友達よ。あなたは友達とキスをする?」「あなたは友達と同じベッドで寝る?」と聞き返している。

ジャスティンの親しい友人が薬物所持の疑いで逮捕されたことで、彼にも同じ目が向けられてしまうことは仕方がない。彼が周りの影響で薬物に手をだすことがないことを願うばかりだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング