68歳とは思えない美貌! ヘレン・ミレンに注目

ハリウッドニュース / 2013年7月26日 21時10分

68歳という年齢を感じさせないヘレン・ミレン (C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『REDリターンズ』(11月30日日本公開)に出演する女優のヘレン・ミレンが、本日7月26日に68歳の誕生日を迎えた。今回は、その年齢を感じさせることのない気品ある身のこなしのヘレンの輝かしいキャリアを振り返ることにしたい。

ヘレン・ミレンはエリザベス女王を演じた『クィーン』(06)で、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合(SAG)賞、BAFTA賞でそれぞれ主演女優賞を受賞した大御所女優である。また、ミニシリーズ「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」で女王エリザベス1世を演じ、エミー賞、ゴールデングローブ賞、SAG賞をそれぞれ受賞している。

ヘレンが女優の仕事は、ロンドンのナショナル・ユース・シアターで演じたクレオパトラ役から始まった。その後、ロイヤル・シェークスピア・カンパニーで4年間過ごした後、彼女は著名な演出家ピーター・ブルックの劇団でアフリカとアメリカを旅公演している。舞台出演はウェストエンド、小劇場、ナショナル・シアター、ブロードウェイと幅広く、トニー賞にノミネートされた「A Month in the Country」やイアン・マッケランと共演した「The Dance of Death」などといった作品も含まれている。

ヘレンの名がクレジットされている数ある映画作品の中で、最近のものとしては、今年の初めに公開されたHBOの映画でアル・パチーノと共演した『Phil Spector』があるほか、『ミスター・アーサー』やゴールデングローブ賞ノミネート作品の『RED/レッド』などがある。他にもプロスペラ役を演じた『テンペスト』、ソフィア・トルストイ役を演じてアカデミーおよびゴールデングローブの両賞にノミネートされた『終着駅 トルストイ最後の旅』もある。アカデミー賞には『英国万歳!』と『ゴスフォード・パーク』でもノミネートされている。
テレビ作品でも、PBSのシリーズ「第一容疑者」でジェーン・テニソン警部を演じてエミー賞、BAFTA賞、ゴールデングローブ賞をそれぞれ受賞しており、彼女は分野を問わず活躍を見せている。

演技派としての貫禄もあるヘレンが出演する『REDリターンズ』は11月30日(土)より全国公開となる。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング