エルヴィス・プレスリーさんの墓、ファンの猛抗議でオークションから除外に

ハリウッドニュース / 2012年6月26日 11時25分

生前のエルヴィス・プレスリーさん (c)Hollywood News

歌手のエルヴィス・プレスリーさんの墓が、オークションにかけられる予定だったが、ファンの猛抗議により除外された。

エルヴィスさんは1977年に亡くなった当時、テネシー州メンフィスにあるフォレスト・ヒル・セメタリーに約2か月間安置され、最終的に自宅のグレイスランドに移されていた。今月23日から24日にかけてフォレスト・ヒル・セメタリーの墓地がジュリアンズ・オークションズで競売にかけられる予定となっていた。

しかし、この企画に激怒した彼のファンたちが、同地をエルヴィスさんの思い出の聖地として残すべきだと猛抗議。その結果、主催者側が墓所をオークションの品から外すことを決定した。

今回の企画は無くなったものの、今年2月にはエルヴィスさんを担当していた歯医者が作った彼の歯型がオークションにかけられていた。また、手術用の鉗子や動脈瘤フック、遺体安置所でエルヴィスさんの遺体がわかるように付けられていたタグまでも出品されていたが、ほかの人間の解剖があった際に同じ器具が洗浄されて再利用されていた可能性もあることで、オークションから外された。

エルヴィスさんの墓は誰かの物となることなく、これからもそこにあり続けるようだ。きっと、ファンにとってはみんなのエルヴィスさんの聖地であってほしいと願っていたのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング