マイケル・ジャクソンさんの5年目の命日、家族は「一生愛してる」と表明

ハリウッドニュース / 2014年6月26日 10時0分

生前のマイケル・ジャクソンさん (c)Imagecollect.

歌手のマイケル・ジャクソンさんが急死してから5年が経ち、家族が表明文を発表した。

マイケルさんは2009年6月25日にロサンゼルスの自宅で倒れているのが発見され、病院に搬送されたが、50歳という若さで亡くなった。死因は麻酔薬プロポフォールの過剰摂取だったと言われている。

マイケルさんの死から5年が経ち、マイケルの姉のラトーヤ・ジャクソンは表明文で「5年前の今日、私たちは最も素晴らしい父親、兄弟、息子、そして世界で最も才能のあるエンターテイナーを失いました。もし、マイケルが今日ここにいたら、彼は私たちに彼の人生を祝うように言うでしょう。彼の死を悲しむのではなく。マイケルは愛と平和がすべてでした。私の弟を称えるために今日、誰かのために親切にしてください。そして、彼が私たちみんなに残してくれた美しい音楽で、爆発して、ダンスしてください。私はこの日を彼の音楽を聞いて、昔の家の写真を見て、彼のビデオやコンサートを見て、彼の人生をお祝いしたいと思います。マイケル、あなたを一生愛しています。もし、あなたが今日ここにいたのなら、あなたはこう言うでしょう、『僕はもっと愛しているよ!』」とコメントしている。

また、有名人たちもマイケルさんに追悼の意を示しており、歌手のレディー・ガガは「安らかに眠ってください、マイケル。私たちはあなたを愛しています。今日、世界やメディアはあなたがいないことを深く悲しんでおり、もっとあなたへの対応を良くすることができたと深く思っているでしょう」とつぶやき、ラッパーのリュダクリスはコンサートでマイケルの脚とR.I.P(安らかに眠って下さい)とプリントされたTシャツを着用し、写真共有サイト「インスタグラム」にアップ、「安らかに眠ってください、キング・オブ・ポップ、MJ」とコメントしている。

死後5年経ったあとも大きな影響力を持っているマイケルさん。家族だけでなく、世界中のファンに今も愛されている。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング