ポール・マッカートニーのセキュリティーはケタ違い!

ハリウッドニュース / 2012年4月27日 18時45分

約1400人に警備されたポール・マッカートニー (c)Hollywood News

歌手のポール・マッカートニーが、現地時間4月19日にコロンビアの首都ボゴタを妻のナンシー・シェベルさんと訪れた際に約1400人の警備がついたという。

ボゴタは非常に治安が悪い都市として有名な都市で、ポールはコンサートのために同地に2日間滞在しており、その間は“鉄の輪”とも言える警備に囲まれていたらしく、飛行機で降り立った際も軍用飛行場を使用していた。

関係者は「デイリー・ミラー」紙にて、「ポールの飛行機が着陸してから離陸するまで、コロンビア政府は2日間に渡って1400人の警官を配置しました」「彼はコロンビアを訪れた有名人の中で最大級のスターなので、大規模な警戒態勢が敷かれたんです」と話している。

完璧な警備にガードされていたポールはその後、同地にあるスタジアム“エスタディオ・ネメシオ・カマーチョ”にて無事パフォーマンスを行った。

多くのアーティストたちが厳重なセキュリティーのもとでツアーなどを行っているが、これだけ大規模な警備にがっちりとガードされたポールは、安心して同地を訪れることができたのかもしれない。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング