リアーナ、自宅への侵入者が彼女の目の前で拘束される

ハリウッドニュース / 2012年12月27日 10時5分

故郷でリラックスした時間を過ごす水着姿のリアーナ (c)Hollywood News

リアーナの故郷バルバドスにある自宅に侵入した男性が、彼女の目の前でセキュリティーチームによって拘束されるという事件が起きていたことが明らかになった。

故郷で休暇を楽しんでいるリアーナが自宅で恐ろしい体験をした。「サン」紙によると、現地時間12月23日にリアーナが自宅のプールでくつろいでいると、水着姿の30代のドイツ人男性が家のバルコニーに侵入したようだ。目撃者は同紙に、「男性はリアーナから3メートル離れたところでセキュリティーによって取り押さえられました。彼は危害を加えそうには見えなかったのですが、彼女に近づきすぎたのです」と語った。

この男性は泳いで、リアーナの自宅の後ろにあるビーチから家に侵入したらしい。彼は現地警察によって逮捕されたが、リアーナの自宅を公共の場所だと勘違いをしていたと主張し、後におとがめなしで釈放されることになった。

後に彼がストーカーではないと知らされたリアーナは、安心して、故郷でリラックスした時間を過ごしたようである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング