ジャスティン・ビーバーが逮捕後に初ツイート、元恋人セレーナは「大丈夫」

ハリウッドニュース / 2014年1月27日 9時30分

人気歌手のジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

19歳の歌手のジャスティン・ビーバーが、飲酒運転などの疑いで逮捕されたあとに、初めてツイッターでコメントを出した。

ジャスティンは現地時間23日に制限速度を超える速さでもう1台の車とレースをしていたところを車に止められ、その後飲酒の検査をして、アルコールが検出されて逮捕された。また、暴力はふるっていないが、逮捕に抵抗しており、運転免許の有効期限が切れていた。そのため、3つの罪で2500ドル(約25万円)の保釈金を支払って、釈放されている。

ジャスティンは現地時間24日にツイッターに、「誰が何と言おうと、君たちみんな立派だよ。強くいよう。神様は僕たちみんなと一緒だよ。ビリーバー(ファン)たちは僕の人生を変えてくれた。僕は一生感謝していくよ」とつぶやいている。

ジャスティンと2年間交際していた女優・歌手のセレーナ・ゴメスは彼の逮捕後にタバコを持っている姿を目撃されていた。セレーナの親友である歌手のデミ・ロヴァートは現地時間24日にラジオ番組「KIIS FM」で「私たちはとても、とても親しいの」「私が彼女にアドバイスしたこと、昨夜話したことは、私たちの間のことよ。私は彼女のことをとても愛しているわ」「私たちは素晴らしい友人関係なの」「(彼女は)強いわ! 今、彼女は大丈夫よ」と明かしている。

ジャスティンはファンのサポートにとても感謝しているだろう。ジャスティンの逮捕でセレーナにも注目が集まるが、彼女の周りの素晴らしい友人たちが支えているようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング