G・オーブリー、元恋人ハル・ベリーの婚約者に「殺す」と脅されたと主張

ハリウッドニュース / 2012年11月27日 16時30分

交際していた当時のガブリエル・オーブリーとハル・ベリー (c)Hollywood News

モデルのカブリエル・オーブリーが、フランス人俳優のオリヴィエ・マルティネスに「殺す」と脅されたと主張し、接近禁止命令を裁判所に申請した。

ガブリエルは今月22日に、娘のナーラちゃんをその母親で元恋人のハル・ベリーの家に送っていった際、ハルの現在の婚約者のオリヴィエとけんかになり、病院に運ばれる事態となった。ハルはその後ガブリエルに対して接近禁止命令を申請した。

一方、ガブリエル側も、オリヴィエに対して接近禁止命令を申請した。ゴシップサイト「TMZ」によれば、ガブリエルの弁護士は、暴行事件前日の21日にナーラちゃんの学校でオリヴィエがガブリエルに“殴る”とすでに脅していたとし、その次の日にガブリエルが家を訪れた際に、オリヴィエが先に彼に飛びかかって地面に押し付け、ひどく殴ったと主張。

そして、ちょうどオリヴィエの故郷であるフランスのパリへハルたちと移住することが裁判で却下されたばかりだったこともあってか、オリヴィエは、ガブリエルのせいでナーラちゃんの親権裁判で300万ドル(約2億4600万円)も使ったことや、ガブリエルも(ハルらが住もうとしている)パリに来るべきで、そうでなければ殺してやると叫んでいたという。

さらに、殴ったのは自分(ガブリエルのほう)だと警察に話すようにと伝え、そうでなければ殺すと脅したといい、悪いのはオリヴィエの方だと訴えているという。

この事件に関して、オリヴィエ側とガブリエル側の主張はまったく異なっている。一体どちらの主張が正しいのだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング