ヒュー・ジャックマンと剛力彩芽の2ショットが実現!『X-MEN』ジャパンプレミア

ハリウッドニュース / 2014年5月28日 0時0分

ヒュー・ジャックマンと剛力彩芽の2ショットが実現 (c) 2014 Twentieth Century Fox

X-MENの壮絶な戦いを史上最大規模で描く超大作『X-MEN:フューチャー&パスト』(5月30日日本公開)。六本木ヒルズアリーナで行われた本作のジャパンプレミアに、ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンとミスティークの声優を演じた剛力彩芽が登場した。

今回のアリーナイベントには、本作のイメージを再現したブルーのカーペットが敷き詰められ、開場前から多くのファンが集まった。その数約700人。また、取材の為に集まったマスコミは、スチール80台、TV55台の総勢160人。超オールスター作品に相応しい、一大イベントとなった。

アリーナ舞台上には、本作で史上最強の敵として描かれるバイオメカニカル・ロボット“センチネル”の頭部像が設置された。そのセンチネルの目が光り、像の頭部が左右に分かれ、奥からヒュー・ジャックマンが黒のスーツ姿で登場すると、集まったファンから大歓声と拍手が沸き起こった。

ヒューが集まったファンに一言「日本に戻って来られて嬉しいよ」と挨拶すると、更に大きな声援が送られた。続いて現れたのは全身青で身を包んだミスティークが登場。そしてミスティークが再びスモークに包まれると、なんとそこには剛力さんの姿が。この映画さながらの演出に、ヒューは「今まで見てきた早変わりで一番はやかったよ」とコメント。その場のファンはどよめきつつも、大きな拍手を送った。そして、光沢あるドレス姿の剛力さんがゆっくりと舞台中央に歩むと、フラッシュが一斉にたかれた。

イベントのラストはヒュー・ジャックマンとアリーナに集まったファンとのtwitter用のパノラマ写真撮影。ギリギリまで近づくヒューの姿に、ファンは大喜び。その盛り上がりを引き継ぐかたちで、ファンサービスへ突入。サインや、写真撮影を丁寧に受けるヒューの姿に、ファン達の興奮は最高潮に達した。

■『X-MEN:フューチャー&パスト』
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
(c) 2014 Twentieth Century Fox【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング