ケイティ・ペリー、自身の映画から元夫に関するシーンをカット

ハリウッドニュース / 2012年4月30日 20時20分

元夫のラッセル・ブランドとは完全に決別? ケイティ・ペリー (c)Hollywood News

歌手のケイティ・ペリーが、自身のワールドツアーの映像を収めたドキュメント映画『ケイティ・ペリー:パート・オブ・ミー 3D』(7月4日全米公開)から、元夫のラッセル・ブランドに関するシーンをカットしていたことが分かった。

関係者は「この映画には、ケイティとラッセルが一緒だったときの映像がたくさんあるんです。それらをすべて使用することに、彼女は抵抗を感じているんですよ」と「ザ・サン」紙にて述べている。

2人は、2010年に結婚したが昨年12月に破局し、その後離婚を発表している。

先日、“ラッセルのことが今でも恋しいのでは?“と噂されたケイティ。しかし、今回の彼女の行動はもしかしたら彼に対する思いを断ち切ろうという決意の表れなのかもしれない。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング