シャーリーズ・セロン、シリアで死亡したジャーナリストを描く作品を製作?

ハリウッドニュース / 2012年8月30日 13時10分

シャーリーズ・セロン、ジャーナリストを描いた映画をプロデュース? (c)Hollywood News

女優のシャーリーズ・セロンが、シリアで亡くなったアメリカ人のジャーナリストを描く映画をプロデュースするかもしれないそうだ。

同映画は、2001年にスリランカ内戦の取材中に左目を失明し、今年2月に内戦中のシリアで殺されたジャーナリストのマリー・コルビンさんを描いた話である。シャーリーズはプロデューサーのベイジル・イヴァニク氏が手掛ける同映画に、彼女の製作会社Denver and Delilah Filmsと同会社のパートナーであるプロデューサーのべス・コノとAJ ディクスと共にプロデューサーとして参加するかもしれないそうだ。

作家のマリー・ブレナーは「ヴァニティ・フェア」誌にマリー・コルビンさんの報道を載せており、製作側は現在それをもとにしてストーリーを書いてくれる脚本家を探しているという。また、シャーリーズがこの映画に出演する可能性もあるようだ。

今月、日本人ジャーナリストの山本美香さんが内戦中のシリアを取材中に射殺されたというニュースが流れ、大きく報道された。同じように勇敢に取材を続けたマリーさんの作品をぜひシャーリーズにプロデュースしてほしい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング