セレーナ・ゴメス、ツアーキャンセルの理由はある病気のせい!?

ハリウッドニュース / 2013年12月30日 12時0分

休養のためツアーをキャンセルしたセレーナ・ゴメス (c) Imagecollect.

先日「自分のための時間が欲しい」との理由で自身のアジアツアーとオーストラリアツアーのキャンセルを発表したセレーナ・ゴメス。しかし、本当は「エリテマトーデス(紅斑性狼瘡)」という病気が原因ではないかとの噂が浮上している。

この病気は自己免疫異常によって起こり、セレーナは2~3年前から炎症による顔面の腫れや異常なまでの倦怠感、頭痛や関節痛などの症状に苦しんでいるらしい。関係者は「セレーナは過去数年、全速力で駆け抜けてきました。それと共に病気も進行しているのです」と明かしている。「彼女は病気に向き合う時間が必要だとわかっています。自分の体調管理をしっかりして完全に健康な生活を送りたいのです」とのこと。

セレーナの代理人はこの病気についてノーコメントだが、リハビリに行っているという噂に関しては否定。「セレーナは崩壊状態にあるわけではない。ただ最も健康な状態でいたいから少しの休暇を取るだけです。彼女は大丈夫です」と語っている。

病気の噂の真相は定かではないが、どうやら体調が優れないのは事実のようだ。セレーナの完全に元気な姿を早くみれることを願いたい。【高田 ミズキ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング