メグ・ライアン、映画監督デビューへ

ハリウッドニュース / 2014年1月30日 18時30分

監督デビューするメグ・ライアン (C)Imagecollect.

52歳の女優のメグ・ライアンが、映画『Ithaca』(原題、公開日未定)で映画監督デビューすることが分かった。

同映画は小説家のウィリアム・サローヤンの1943年の小説「ヒューマン・コメディ」を元に製作される予定で、第2次世界大戦中にティーンエイジャーの男の子が自転車のメッセンジャーとして街にメッセージを配達することで人生が変わっていくというストーリーだ。

メグは監督だけでなく、出演もするとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えており、俳優のトム・ハンクスはエグゼクティブ・プロデューサーを務めるという。サム・シェパードとメラニー・グリフィス、メグの息子のジャック・クエイドも出演するそうだ。

メグは表明文でこの物語をスクリーンに持ってくることができて、うれしいとコメントしている。

メグの監督デビュー作の公開がたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング