ケイリー・クオコが涙、ハリウッドに殿堂入り

ハリウッドニュース / 2014年10月30日 12時0分

ハリウッドに殿堂入りした式典でのケイリー・クオコ (c)Imagecollect.

ドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」で知られる女優ケイリー・クオコが現地時間29日、ハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」は有名な観光地で、ハリウッドで活躍してきた人々の名前が星形のプレートに刻まれている。

ケイリーは式典で、「スピーチを書いてこなかったの。なぜなら、心で話をしたいと思ったから。ここまで来る間、車の中で泣いていたわ」と語り始めた。

また、ケイリーは「ウォーク・オブ・フェーム」に名前を残すことができるなんて思わなかったと話し、これまでのキャリアで関わってきた人々、家族に涙ながらに感謝を述べた。ケイリーは最後に「夢が叶ったわ。本当に。永遠に感謝していきます。ありがとうございました」と締めくくっている。

式典には昨年12月に結婚したテニス選手の夫ライアン・スウィーティングも参加していた。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング