セレブ御用達! 世界で最も高級な宿泊場所トップ5

ハリウッドニュース / 2013年7月31日 12時40分

政府の要人御用達のスイスの高級ホテルのスイートルーム Facebookより

セレブはバカンスに使うお金もケタ違い。そんなセレブ御用達の高級プライベートアイランドや高級ホテルのスイートルームを、ブログ「About A Luxury Travel Blog」が紹介している。

1位、ホテル・プレジデント・ウィルソンのロイヤル・ペントハウス・スイート(ジュネーブ)
1泊:8万1000ドル(約794万円)
スイスの最高級ホテルの最上階を占有したスイートルーム。12ものベッドルームとバスルーム、26席あるダイニングルームやプライベートエレベーターに加えて、ヘリポートへもアクセスできるようになっており、もはや大富豪の邸宅のような趣である。防弾ガラスに専用金庫も備え付けられており、国際会議の多いジュネーブに宿泊する政府の要人による利用が多いようだ。

2位、ネッカー島(イギリス領ヴァージン諸島)
1泊:5万2000ドル(約510万円)
巨大多国籍企業「ヴァージン・グループ」の創設者リチャード・ブランソン氏が所有するプライベートアイランド。サンゴ礁が美しい海でセーリングやダイビングを楽しむことができるリゾート地で、Googleの共同創設者のラリー・ペイジ氏が結婚式を挙げたことでも話題になった。

3位、ナイガード島(バハマ)
1泊4万7000ドル(約461万円)
バハマにあるプライベートアイランド。旅行者はツリーハウスに宿泊することができ、プールにジャグジー、ウォータースライダー、テニスコート、バレーボールコート、映画館にヨットまである。ロバート・デ・ニーロやブッシュ元大統領などセレブの利用者も多い場所だ。

4位、パームズ・カジノ・リゾートのヒュー・ヘフナー スカイヴィラ(ラスベガス)
1泊4万ドル(約392万円)
アメリカ屈指のラグジュアリーホテルの最高級スイートルーム。プレイボーイの創始者のヒュー・ヘフナー氏がモチーフとなっている。プール付きのテラスに回転する大型ベッド、ラスベガスが見渡せるジャグジーに執事のサービスなどがあり、アメリカ的な豪勢を極めた空間になっている。カニエ・ウェストやブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンなどアメリカのセレブの利用が多いようだ。

5位、ヴィラ・ベリッシマVI(トスカーナ)
1泊1万9570ドル(約192万円)
イタリアのトスカーナ州の歴史ある農村に佇む宿泊所。伝統的なダイニングルームやテラス、グランドピアノ、シアタールームなどに加えて、プールやジム、テニスなどのスポーツも楽しむことができる。【橋本 トミオ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング